水まわり お役立ち情報

こんにちは。キタリフォーム工房 北島です。

皆さま お盆はどのように過ごされていましたか?

私はお盆明けから工事がスタートし、ありがたいことでバタバタとしております。

ブログを書くのが少し間隔が空いてしまいました。すみません・・・

今日の工事は、東大阪市 足代新町  W様邸で給湯器とシステムバスの工事を完了してきました。

W様は先月中古物件を購入して、来月にご入居される予定の方でした。

キッチンはまだきれいで、そのままご使用になられるということで、システムバスと給湯器をさせていただきました。給湯器はもう10年以上のもので、しばらくご使用になられていない場合、機械のなかが錆びついていて、入居したときに使用できないことがたまにあります。

中古物件を購入したときは、ガスを止めているので不動産屋の方も確認することが出来ないことのが多々あります。中古物件をご購入される場合は、少し余裕を持って入居されることをおすすめします。

給湯器やガスの開栓、水道や電気の開設など確認してご入居されると、ご不便がなく引越しもスムーズになります。

今日はお風呂の効果についてもう少し書こうと思います。

お風呂に入ると全身に水圧がかかり、横隔膜が上に押し上げられ、肺の容量が少なくなり空気の量が減少します。それに伴い、静脈やリンパ管も圧迫されます。

そしてお湯から上がると水圧が無くなるので、手足の先まで一気に血液が流れ、全身の血行が良くなります。

※急に立ちあがると脳貧血を起こすことがあるため、ご高齢の方は注意が必要です。

お湯につかると浮力が働くため、身体が軽くなり、関節や筋肉にかかる負荷が減少し、筋肉の緊張がときほぐされます。痛みがあって動かしにくいところも、お湯の中なら曲げ伸ばしがしやすくなります。

ご高齢の方やご入院されていた方は、毎日の入浴で少しずつ動かし筋力をつけてゆくリハビリにもなると思います。

また、浮力でカラダが軽くなると、精神的にもゆったりリラックスし、ストレス解消にもなります。

さらに、副交感神経が優位になるため、血管が拡張し、血液の循環がよくなる効果があります。

お風呂に入って、ゆっくりすることも大事ですね。

#お風呂

タグから検索
まだタグはありません。
アーカイブ